2008年08月28日

誤報のお詫び (TOP Organic Pellets)

すみません!

Totally Organics社のTOP Organic Bird Pelletsのバケツサイズ(5lb.)が販売中止という情報を一部のかたに流したのですが、販売中止になるのはフレークタイプのバケツだけで、通常のタイプのバケツは引き続き継続して販売されるそうです(輸入代理店に確認済み)

フレークタイプを求めるのは小型のトリさんが多く、小さな袋(1lb.)しか売れないそうです。確かに多頭飼いでもなければフィンチで5lb.使い切るのは大変そうですものね…

誤報を流してしまったことをお詫びいたします
posted by し〜 at 08:29| Comment(0) | TrackBack(0) | 食餌

2008年08月24日

富士花鳥園 (東京ピイチク会見学会)

生憎の雨でしたが、東京ピイチク会主催の見学会で富士花鳥園(富士国際花園から名称変更)へ行ってきました

自宅から現地まで直接行ったほうが近くて早いのですが、諸先輩からお話を伺うのが楽しいので、今回は皆さんとバスで行くことにしました。我が家から集合場所の東京駅へは、富士花鳥園とは逆方向に電車で一時間強かかります。朝六時すぎ小雨降る中、駅に向かいます(集合は7:50)。はい、管理人宅は東京と言っても一番外れのほうなんです(><)

チャーターした30人乗りの貸切バスはほぼ満席、大盛況です。実は管理人、仕事の手配がクルクル変わるので金曜日まで参加の意思表明ができなかったため、定員の締め切りまでギリギリ危ないところでしたー

途中立ち寄った海老名SAでは、元同僚が場内誘導とバスレーン確保やってたおかげで、スムーズに最前列にバスが入れました(普段こういった警備員仕事はしてません)。みんなありがとー♪

# ちょっと時期がズレてたらウチがピイチク会のバスを誘導することになってたかも…ふらふら

そんなこんなで、雨の中バスは西に進み、花鳥園の手前で早めの昼食をとって花鳥園へ到着

受付にいる「マロンちゃん」たち受付三羽嬢に、もうみんな釘付けです。メンフクロウのお家(?)の内側壁紙の模様がメンフクロウでした(しまった! 写真撮り忘れた)

# 以下、写真は全て携帯カメラにつき画質は期待しないでください

08082401.jpg
いつもオープンの場所にいるベンガルワシミミズクの「ゴエモン」
手を出したら乗ってくれそうで、抱きしめたくなりますが我慢…

08082402.jpg
そして、やっぱり管理人のお目当てはロリキートランディングというローリーやロリキートとの触れ合いゾーンなのです

ロリキートとはいうものの、写真で判るように半分くらいはオキナインコですし、ナナイロメキシコ、コガネメキシコといったコニュアもいます。写真の左端にはコンゴウインコが見えます

この施設の外にはオオバタン、アマゾン、キスジなんかも別ケージでいます

# ピーチ@オオバタンの羽毛の状況が以前より悪そうなのが気になる…

以前はネクターの自動販売機があってネクターをあげられたのですが、いつの間にか掛川花鳥園と同じようにフルーツ(今日はリンゴ)の角切りが売られています。これを持って入るとワラワラとローリーたちが群がってくるというわけです

でも、餌を持っていて連中が集まってくるのは当たり前。ウチはヤツらと遊びたい(遊ばれたい?)のですが、夏休み中の日曜とあって人が多く、なかなかトリさんたちも落ち着きません

そこにチャンス到来。広場でフクロウ・ショーが始まりました。お客さんはみ〜んな広場のほうへ行ってロリキートランディングがお一人さま貸し切り状態になりました(フクロウ・ショーは何回か観ているので今回は割愛)

08082403.jpg
えへへへへへ、来た来た来た〜〜〜!
遊び好きのコニュア軍団です。落ち着いた状態ならば、こやつら餌を持っていなくても遊びに来てくれるのです

08082404.jpg
服をかじったり袖に潜ろうとしたり、もう好き放題♪

08082405.jpg
ふと下を見ると、下からシャツに潜ったり出たり、裾をかじったりしてる連中が…。さらに乱入を企てているのもいますねー

08082406.jpg
その内に、腋の下で遊んでいたチームと腕の上で遊んでいたチームで陣取り合戦まで始まってしまいました(^^;;;;

フクロウ・ショーが終わって、お客さんがゾロゾロとやってきたと同時に、コニュアたちも餌を貰いに行ったり枝に休みに行ったりで至福の時間終了…

そういえば、以前は頭のいいムラクモインコが一羽いたんだけど、見かけなかった気が…

雨で外の施設を回れなかったせいか、時間をもてあます人も出てきたので予定より30分ほど早く撤収となりました。あたしゃ、もちっと延長したかったくらいなのにー(><)

帰りは沼津の魚屋さんに寄ってから一路東京へ。さすがに東名道は30km渋滞。雨の中ドライバーさんは、さぞや疲れたことでしょう…
(帰りも同僚たちのいる海老名SAで休憩でしたー)

<おまけその1>
08082407.jpg
望遠でないので判りづらいですが、オキナたちが落ちている羽根を拾っては巣を作ろうとしています。オキナインコはオウム目には珍しく、野生下では自分達で集合住宅のような巣を作ります。他に適した巣材がないんでしょうね…

<おまけその2>
08082408.jpg
土産物売り場にあった縫いぐるみ。施設のどこかにブロトゲリスもいるのかと一瞬期待しちゃいました(^^ゞ

写真と違って縫いぐるみのほうはダルマインコみたいな黒線(位置違うけど)もあるし、キビタイミドリぽいけど正体不明です

で、ひっくり返してみたら…

08082409.jpg
なんじゃこりゃー(苦笑)

# キバタンのほうは、ちゃんと対趾足でした

<おまけその3>
08082410.jpg
富士花鳥園に来ていた観光バス
ちょっと素敵かも♪
posted by し〜 at 22:30| Comment(21) | TrackBack(0) | イベント

2008年08月18日

フィリピン沖でオウム発生

台風12号の国際共通名「ヌーリ」って、マレーシアの言葉でオウムのことらしい…

あんまし雄叫んだり破壊したりしないでね〜
posted by し〜 at 16:52| Comment(2) | TrackBack(0) | トリではない記事

2008年08月16日

ヨンヨンとチッチ、お見合いその後

更新できないまま写真だけがどんどん溜まってます(><)

たまには様子でもということで一番のニューフェイス、チッチです

5月にヨンヨンとお見合いをして我が家にやってきたチッチちゃんですが、無事に健康診断と感染症検査をパス、半月ほどの検疫期間後はヨンヨンと同居しております

08081501.jpg 08081502.jpg
ヨンヨンも他の女の子にプレゼントに行かなくなりましたし、放鳥時もこんな感じですっかりラブラブモード全開です♪

この分なら二世も期待できそうですが、秋の仕事状況が未知数なのでどうなることやら…
posted by し〜 at 18:00| Comment(4) | TrackBack(0) | コザクラ雑技団

2008年08月15日

不覚にも涙

めっちゃ忙しくて、すっかり更新が滞っています。すみません

お盆も関係なく仕事でして、巡回パトロール車を運転していたとき何の気なしにつけたラジオから、秋山ちえ子さん朗読の「かわいそうなぞう」が流れてきました

有名な話なのでご存知のかたも多いと思います。第二次大戦末期に上野動物園で殺処分されたゾウの話です。表向きは空襲で檻が破壊された際に市内に猛獣が逃げ出したら危険という理由ですが、実際には猛獣に限らず多くの動物が殺処分されたことから、戦争とは関係ないものを排除して戦時意識を高揚するのが主な目的だったんではないかと思っています

当時、大阪と名古屋の動物園にも動物の殺処分命令が出ていたのですが、名古屋の東山動物園では園長が足に鎖をつけるという条件を出して処分の延期を図ったり、園を管理する軍の獣医が餌をやることを黙認(これバレたら重大な軍規違反のはず)したりして、終戦時まで二頭のゾウが生き残っています

戦後、子どもたちにこのゾウを見るために日本各地から象列車と呼ばれる臨時列車が走ったこともあります

朗読が終わってから、頭の片隅にあったこんな記憶の断片が次から次へと思い出されてきて、もしまた日本が戦争に巻き込まれたら家で留守番をしているトリさんたちはどうなるんだろう? とか考えながら運転していて、気がついたらポロリと涙がこぼれてました

その後で、森山良子の「さとうきび畑」が流れてきて、やっと「あ、戦争が終わった日だ」と気がついた管理人です

戦場ではないところで亡くなったかたがた、戦場に送り込まれて亡くなったかたがた、ヒトの争いに巻き込まれて命を奪われた動物たち、植物たち、そして今も戦火に怯えながら暮らしているかたがた、戦争の後遺症に苦しんでいるかたがた、みんなが平穏に暮らせる世界でありますように

追加>>>

そうそう、秋山ちえ子「かわいそうなぞう」の朗読CDが発売されました。しかも英語版も収録されていて、朗読はあのCyndi Lauperが担当しています



シンディ、管理人のイメージの中では「We are the world」収録中にアクセサリーがジャラジャラうるさいと注意されてた小娘なんですが、We are the worldに参加していることからも判るように、チャリティに力を入れていたりします。日本びいきで、阪神淡路大震災の被災者に寄付をしたりもしているんですよね

今も戦争をしている米国の子どもたちが、英語の「かわいそうなぞう」を聴いて、ヒトの戦争で苦しめられる動物たちのことを考えてくれるといいなぁ…

(でも、敗色濃厚で空襲を受けてないと想像しにくいかな?)
posted by し〜 at 16:00| Comment(0) | TrackBack(0) | 雑感・コメント