2006年12月09日

朝、歌舞伎町にカラス鳴く

今日は三時起きで、早朝から新宿歌舞伎町へ
目的は明け方のカラスの生態観察♪

じゃなくって、お仕事でした(><)

花金開けの土曜の朝なので、人が多いこと多いこと。これだけの人は、ウチの地元じゃ年に一回例大祭のときくらいしか見ないぞ! でも、それも始発電車が動き出す頃には随分少なくなってきます。人出と入れ替わりに閉店した焼肉屋さんの前に出されたゴミを狙ってカラスが集団でやってきました

06120902.jpg
ゴミ袋をつついて上手に肉だけつつき出しています

06120901.jpg
見上げるとカラスがいっぱい集まっています。写真には写っていませんが、この数倍の数がいます

一番右のスポットライトの上にいる子は、なぜか「ペポン、ペポン」と不思議な鳴きかたをします。普通に「グワァ」とも鳴くのですが、どこで何の音を覚えたんでしょうね? この子は近づいても他の子ほど逃げなくて、管理人が「チッチッチ」と舌打ちをするとこっちを見たまま首をかしげて何かを理解しようとしています。もしかしたら一時的に保護されていたことがあるのかもしれません

管理人の自宅近くには「オアヨー、オアヨー」と鳴くカラスがいます(おはよう?)が、その子も保護されていたんじゃないかと推測しています

06120903.jpg
ケータイなので解像度が悪いのですが、小雨に打たれて雨覆や尾羽が、緑とも紫とも瑠璃色ともいえないとってもきれいな色合いです。美しい黒髪の例えに「烏の濡れ羽色」という言葉がありますが、少しイメージが違いますね

ちなみに、横に落ちているレバーはどうやら好みではないようで、最後まで残っていました

やっぱりカラスかわいいなー。飼いたいなー

で、ウチは新宿まで何しに来たんだっけ?
posted by し〜 at 08:30| Comment(2) | TrackBack(0) | 野鳥
この記事へのコメント
東京は街のなかにたくさんカラスがいるるよね!!住んでいたころはよくカラスに話しかけていました。(伝わらず冷たい目でカラスに静観されましたが 笑)
静岡は街にほとんどカラスが来なくって、やっぱり田んぼとか山とかそっちのほうが多くいます。
ひとりで湧き水の川で水浴びしているカラスさんとか、別の鳥さんたちと上空を飛んでいるカラスさんとか、都会とはまた違ったカラスさんの姿が見られて、こっちにきてもカラスに注目しております。

石原都知事はカラスなんてまんじゅうにしてしまえ!なんて言うからけしからんです。
お前がすり身にされてまんじゅうになってしまえーーー!!です!
Posted by ことり at 2006年12月14日 09:58
ことりさん>
自然の豊かなところのほうが、本当は自然なんでしょうね。お墓のお供え物がたまーのご馳走で(^^
カラスは頭が良いだけに、生きていくための知恵が働いて都会を住処にしているのが、逆にかわいそうです

それにしてもカラスが集団で繁殖できるような食物が、毎朝大量にゴミになっちゃってる世の中もヘンですよねー

石原さんか…、カラスにしてもハトにしてもディーゼル車にしても、自分の好みでないものを抹殺しちゃおうってヤツに権力持たせちゃアカンです。そのうちにアーリア人至上主義から多人種を抹殺しようとしたナチスみたいなことやりそうだわ
Posted by し〜さん at 2006年12月14日 14:50
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。
この記事へのトラックバックURL
http://blog.sakura.ne.jp/tb/2110188
※ブログオーナーが承認したトラックバックのみ表示されます。

この記事へのトラックバック