2009年09月20日

嬉し恥ずかしきーくーお見合い♪

今日はTSUBASAサポートショップ(以下TSS)で、きーしゃんとくーしゃんがお見合いをしてきました

お相手は、少し前からお話のあったOさん宅のよもぎちゃんです

Oさんは愛玩動物飼養管理士1級もお持ちで、飼鳥経験も長いベテランさん(なんせ池袋時代のCAP! でMIYAさんを店長と間違えた逸話の持ち主だったりします)で、よもぎちゃんはオカメインコの男の子三羽の中で一羽だけいるコザクラインコの男の子です

我が家のきーは産卵経験があるので女の子確定なんですが、くーはまだ性別不明、もしかしたらということで一緒に連れて行くことにしました

本当は、きーとくーがもう少し発情気味になってからのお見合いがベストなんですが、たまたま今日のTSSは「小型鳥の日」ということで、沢山のトリさんが集まる予想。そんな中でケンカせずに過ごせれば、お見合いの第一歩は成功かな? と、一回目のお見合いにこの日を選んでみました

このblogでの育雛日記をご覧になっていたかたはご存知だと思いますが、この子たちは挿餌をせずにパパママに任せっきりで育ったので、最初は荒鳥よろしくケージに手を入れただけでバタバタ逃げ回る子に育っていたんです。今でもときどき思い出したように人の手を怖がることがあるんで、トリさんが多くなったときに回収不能になるようならキャリーから出さずにお見合いしなければなりません

ということで、他のトリさんが集まってくる前に、まずきーとくーを出して様子を見てみます。今日もケータイカメラのみなので画像が甘くてすみません
09092001.jpg 09092002.jpg
(どちらも左がくー、右がきー)

我が家では、飛び立ったときにちょうどよい高さと場所に長い止まり木があるのですが、TSSにはそれがありません。ちょっとあせった様子で一頻り飛び回って、天井からぶら下がったり梁につかまったりした後で、ようやく落ち着けるところが見つかったようです(左写真)

手を差し出すと二羽とも素直に乗ってきて、右写真のように低いところでもどこでも連れて行って大丈夫です。今日は手が怖くない日のようです(やったー)

キャリー越しではお互いを見ていたのですが、さぁ、いよいよ外でのご対面です

09092003.jpg
じゃーん、左側の子がよもぎちゃんです

って、きーとくーがブレてるじゃん、もう一枚

09092004.jpg
あ、今度はよもぎちゃんがブレてる(^^;;;;;

ここで一瞬だけ、くーが餌付くような動作を見せました。もしかしてうまくいくかな?

この後、沢山のお客さんがお見えになって、ラブバードだけでも20羽近く、オカメもわらわら、ウロコ、セキセイ、マメルリハ、クサインコ、ブンチョウなどなど、飼い主さんも含めてTSSのバードランは満員御礼状態に。そんな中で、よもぎちゃん、きー、くーの三羽は、

09092005.jpg
(左からきー、よもぎちゃん、くー)
こんなとこや、

09092006.jpg
(左からくー、一羽おいてよもぎちゃん、くー。すみませんWFコバルトバイオレットの子の名前が思い出せません…)
こんなところ(おっとしまった、壁のカレンダーのピーちゃんにピントが合ってしまった)で、他の子の存在に関係なく、まるで元から同じ群れの仲間のごとく行動していたのでありました

きーとくーは最初から飛び回っていたせいか、他の子が遊んでいる真ん中でうとうと始める始末、中休みで一旦三羽をキャリーに戻します

ちょっとよそ様のお子たちをば

09092007.jpg 09092008.jpg
左写真は飼い主さん(?)の頭の上でくつろぐ豪シナモンシーグリーンコバルト(手前)と豪シナモンシーグリーンコバルトパイド。仲良く二羽でカキカキしてました

右写真は豪シナモンWFモーブ。とっても賢そうです

クリームイノ系は他にも何羽かいたのですが、我が子たちのお見合いに夢中で写真を撮り忘れてしまった…

そうこうしている内にバードラン内も少し落ち着いてきたので、お見合い再開

09092009.jpg
(左からぽこちゃん、よもぎちゃん、きー、くー)

09092010.jpg
(左からくー、きー、ぽこちゃん、よもぎちゃん)

最終的には残っていた子がこの子たちだけということもあり、四羽でまったりしておりました

お互いが近づいても威嚇しあうこともなく、同じ群れというか同じ家族のような雰囲気でした

よもぎちゃんは、何か思うことがあったのか、自分で必要とする以上に粟穂を食べて、つまりプレゼント用のストックをせっせと貯めておりました(二枚目の写真は上から下がった粟穂食べてます)。ここで、うちの子が「ちょーだい」ってクチバシをコツンとやれば一発でお見合い成立なんですけどねぇ…

試しに同じキャリーに、よもぎちゃんときー、よもぎちゃんとくー、をそれぞれ入れて15分くらいずつ様子を見ていたのですが、ケンカすることもなく(くーが一瞬「寄るな」ってポーズだけしたくらい)、うちの子に発情が入れば問題なくお見合いが成立しそうです。コザクラインコの場合、相性が悪いと出合った瞬間からケンカが始まりますので、一か所にいられるってだけでお見合い成功ともいえるくらいなんです

# よもぎちゃんもうちの子も事前に健康診断、感染症検査済みですので初対面で接触しても問題ありません

ということで、今回のお見合いは一回目としては成功だったと思っています。うちの子が発情気味になったときに場所を移して、次回のお見合いを行う予定です

09092011.jpg

はーい、二人とも今日はお疲れさまでした♪

**後日談

今回のお見合いに触発されたのか、くーがクツクツ言いながら餌付くような動作するようになりました。これはお見合い一週間早かったか〜〜〜(><)

****ここからは当日思ったこと(お見合いとは別件)

◎一つ目

当日のTSSバードランは、小型鳥の日ということで、100g以下のオウム目のトリさん(オカメインコは100g超でも含む)とフィンチさんが集まる設定になっていました

でも、実際にはウロコやオカメといった体格の大きな子や、向う見ずでテリトリー意識の強いラブバードと一緒に、セキセイやブンチョウは同時放鳥させられないと思います。実際にセキセイさんの飼い主さんは常に自分のトリさんをガードできる体制でキャリーから出しておられましたし…

「小型インコとフィンチの日」てのを別立てしたほうがいいんじゃないかと、TSUBASAの松本代表に進言しておこうかと思っています

ちなみに伝統的な呼称で、小型インコとはセキセイインコのみを指します。一般にフィンチと言った場合にカナリアが含まれないのと同様で、セキセイインコとカナリアは他の鳥種と別に扱われます。先達に学ぶことのない新しい飼い主さんは、マメルリハだとかサトウチョウだとか、ただ単に大きさが小さいから小型インコと思っているようですが、実は間違いだったりします。ただ、この区分は小型インコだけ一鳥種で厳密ですが、中型インコと大型インコのあいだに厳密な区分はありません


◎二つ目

当日はお子さんも何人か来ていたのですが、どの子もまるで指を出せばどのトリさんも必ず乗って来るのが当然とばかり、黙っていきなりぬっとトリさんの前に指を出すんです。食事中だろうが、疲れていそうだろうが、トリさんの都合はおかまいなしにです

可愛いトリさんがいれば自分の手に乗ってほしい、その気持ちは解ります。でも、そこにいるトリさんたちは君たちのトリさんではないし、花鳥園のトリさんたちのようにお客さんに営業するために、TSSのバードランにいるわけではないのです

もしかしたら、ヒトの手が怖いトリさんかもしれません。初めてのヒトには攻撃的になる子かもしれません。今回のうちの子たちのようにお見合い中なのかもしれません

どのトリさんだって、一緒に暮らしている飼い主さんがちゃんと横にいるのです。手に乗せたければ、飼い主さんに一声かけてから手を出すよう、保護者のかたには指導していただきたいものです

子どもに頼まれて嫌という飼い主さんは、よほどの事情がない限りいないでしょう。ただ、子どもが勝手に手を出したトリさんが、そのよほどの事情を持ったトリさんでないという保証はどこにもないのです

もし、無断で手に乗せたトリさんに何かあった場合、またはお子さんに何かあった場合、飼い主さんは対応に困ってしまうことになります

お子さんが独りで状況の判断ができないのであれば、保護者のかたが飼い主さんの許可をとってあげるのでもよいと思います。もっとも、それができる保護者のかたならお子さんがよそ様のトリさんに黙って手を出すのをただ眺めていたりはしないでしょうが…(管理人の子どもだったら引っ叩いてます)

これって、フィギュアなんかのオフ会でよそ様の持ってきたフィギュアを、知らない子どもが勝手に持っていこうとしているようなものですよね

普段、自分のトリさんを連れてないときは「飼い主さんがいいのなら」と黙って見ていましたが、今回はさすがに黙っていられませんでした。「ご飯食べてる最中のトリさんに手を出すのはやめようね」「(お見合い中)今はこの子たちに手を出さないでね」

どなたかのお宅で、お互い見知った仲同士であれば、もっと緩やかに考えられるのでしょうが、見ず知らずのかたのトリさんに無断で手を出すってのはどうもいただけません

頭固いでしょうかね?
posted by し〜 at 21:00| Comment(19) | TrackBack(0) | コザクラ雑技団
この記事へのコメント
し〜〜さぁん
まずは一回目のお見合い無事に終了、おめでとうございます。
仲よくしている写真がかっっっっわいいい♪

 コザクラが約50gでウロコが60〜70g、オカメちゃんは100gぐらいですかね?
家のように、大・中・小(オキナ・ウロコ・コザクラ)が並んだ状態ですよね??
慣れていないコザちゃんは怖いと思いますよ
(>_<)

 そして子供さんの話は全くの同意見です!!!
もし、家の女帝のナイキが行ってて、お子さんがいきなり手を出したら・・・・
子供が痛い目を見るか、ナイキが手を振り払われて激突するかですよ!!
考えただけでおそろすぃぃぃぃ(T_T)

し〜さんはちっとも頭かたくないです
当然のことを仰っていると思います。
山田君に「座布団10枚」運んでもらいたいぐらいですわ(*^^)v

 
Posted by あねご at 2009年09月25日 21:22
あねごさん>

その後、きもくーもお見合いが呼び水になったのか、少し発情が入ってきた感じです。次回うまく決まるといいのですが…

# でもさびしくなるぅ〜(><)

自分たちより大きなトリさんがいても、コザ軍団は物怖じせずに強引マイウェイでしたよ。意外とコザクラは平気っぽい気がします

お子さんの件、ウチが神経質すぎるのかなぁ、と思ってもいたので、ご賛同いただけて嬉しいです

三鷹のときはお子さんが少なかったせいもあるのでしょうが、新座に移ってから大人でも???なかたがいたりで、うちのトリさん連れて行くのもためらい気味だったりします
Posted by し〜@管理人 at 2009年09月25日 22:15
オフ会でも同じことですが、リスクを皆が理解していれば良いんですが、中には残念な人が居ないとは限らないですしねー

それはそれとして、他の方のブログでも拝見しておりますが、TSUBASAが近くにあって羨ましい〜
Posted by おぴ〜 at 2009年09月25日 22:39
おぴ〜さん>

実は世の中、実はリスクだらけなんですよね。根拠のない「大丈夫」は、ちっとも大丈夫なんかじゃないはずなんですが…

オフ会に限らずトリさん連れての外出は、感染症のことも含めて乳幼児連れの外出と同じくらい(脱走のことを考えればそれ以上)神経質であっていいと思っています

本気でトリ話をしたいのであれば、トリさんなしのオフ会が一番です

本家TSUABASAの施設まで我が家から行くには、おぴ〜さんとこに飛行機で行くより時間がかかります。サポートショップはもうちょっと近いかな(それでも電車と徒歩で1.5時間はかかります)。神戸よりは気軽に行ける距離ではありますが…
Posted by し〜@管理人 at 2009年09月25日 23:26
そういばお住まいはだいぶ西側でしたっけ。
サポートショップの所在地が頭に入っておらずに土地勘もあまりないので脳内地図が気軽距離になっておりました^^;失礼

リスクをどう捕らえるかは人生観でしょうし、私はリスクよりも経験を大事に思いますので鳥連れを優先に思ってますけどね。
まぁ正解はないでしょうし、この手の話の行き着く最終点は「飼うな」ですがー
とりあえずリスクがあるという事は理解して、トラブルがあっても自分の責任とは思ってもらいたいところです
Posted by おぴ〜 at 2009年09月26日 11:46
おぴ〜さん>

昨年お出でになった埼玉からTSSは、けっこう近いですよ〜(と言ってもICひとつ分)

正直なところ、私自身「トリさんの一番の幸せはヒトに飼われないこと」に行き着いてしまっていたりしますが、これを他人様に押し付ける気は毛頭ありません。すでに飼われてしまっている子や商品として販売される子も現実にいるわけで、その子たちのエンリッチメントも考えていかなければいけない大事なことだと思っています

TSUBASAのようにヒトの欲望の後始末をするだけではなく、原産国での野生のトリさんたちが安心して暮らせるような支援方法はないかと模索中だったりします。本当はTSUBASAに旗を振ってもらいたいところなんですが…

トリ連れオフ、これは目的によるでしょうね。おぴ〜さんのように経験を重視する場合や社会性を身につけさせる目的の場合は話が違ってきますし、否定する理由もありませんから
Posted by し〜@管理人 at 2009年09月26日 12:41
こんにちは!色々ありがとうございました。
お見合い、上手く行ったのですね♪
これから楽しみですね。
他にもたくさんコザクラが居たのに
目移りしなかったんですね(笑)

コザクラは強いので、セキセイや文鳥と一緒は
危険かもしれませんね。
って我が家のコザクラが一番危険だったりして〜
ご迷惑お掛けしましたm(__)m
Posted by chino at 2009年09月26日 14:22
chinoさん>

当日は初ご挨拶ありがとうございました♪

コザクラの場合、お見合いが成功する瞬間てのがありまして、うまくそこを掴めればまず成功するのですが、今回はちょっと早かったようです。次回はタイミングがうまく合えばよいのですが…

> 目移り

そうですね〜。よそ様のの子にケガをさせたりとか、その逆パタンを想定すると、うちの子から目を離すことはできなくって…(しかも二羽だし)。普段でしたら、うちの子をキャリーに入れてから、よそ様の子と遊ぶんところですが、お見合い中ということでそうもいかず…

> セキセイや文鳥と一緒

うん、ちょっとセキセイの飼い主さんが可哀想でしたね

今回来ていたブンチョウのユキちゃんは高齢で、もう半年も前から飛べなくなっているので、同時放鳥の危険はなかったのですが、ほかにフィンチ系の子が来ていたら出せなかったでしょうね

> 我が家のコザクラが一番危険

プチちゃんもkikiちゃんもいい子だったじゃないですか〜〜

もし本当のガブ子ちゃんでも、それなりに対応しますんでウチは全然平気ですぅ♪
Posted by し〜@管理人 at 2009年09月26日 21:46
こんにちは。書き込みするのは初めてかも?

コザクラさん達お見合い成功するといいですね。
生物って仲良しのパートナーに出会って子孫を残すのが一番の幸せのような気がします。

子供に関する意見、全く同感です。
子供は簡単に悪気無く動物虐待をする。(突然手を出すのも虐待の一種と思ってます。)
飼い鳥に何かあって悲しい思いをする前に親が教えるべきだと思うのに教えない。なんでですかね?子供に嫌われるとでも思ってるんですかね?
私は上のようなことで姪を泣かしたことがあります。実家の文鳥を後ろから羽交い絞めにして鷲づかみにして喜んでたから、姪に同じ事をしてやったら大泣きしました。
姪はその後、文鳥も私も嫌うことなく解かってくれましたよ。
Posted by macaw at 2009年09月26日 22:55
macawさん>

お久しぶりです

ご覧になっていただいていたんですね。ありがとうございます

> 子孫を残すのが一番

動物ではなくて生き物と書いていただいて、とても嬉しく思います。植物だって子孫を残すために成長しているんですものね。さらに言えばカビ(真菌)だって細菌だって、ヒトを困らせるために増殖しているわけじゃなくて、彼らなりにDNAを残そうとしているわけで…

> 子供に関する意見

macawさんもそうだと思いますが、子どもが嫌いで言ってるわけじゃないんです。逆に子どもと遊ぶのとか大好きだったりします

子ども子どもって書いちゃってますが、大元を辿れば、その子の親御さんが公共の場でのルールやマナーを教えてないってことの被害者でもあるわけで、子どもばかり責める気はないんですけどね…

macawさんみたいな教育してくれる大人が近くにもっといればよいのに、って本気で思っちゃいます

# ところでギターは進みました?
Posted by し〜@管理人 at 2009年09月27日 09:07
し〜さん、こんばんは!
お写真拝見しました。あの素敵なおじさまはし〜さんだったのですね。
(ちなみに私はあの場で若干浮いていた若いカップルです。わかるでしょうか・・・)
きーちゃんくーちゃんのお見合いだったのですか!かわいいキャリーに入っていたので覚えていますよ。休憩中に来てしまったようですね。残念ながらお写真にうちの子は載っていませんでした。

初めて参加したので、どう皆様と鳥さんと接したらいいのかわからず戸惑ってしまいました。失礼なこともあったかと思います。
うちの子が他の飼い主さんの肩へ飛びだってしまったら、すぐにご挨拶に伺ったほうが良いのか、そうこう悩んでいるうちに鳥さんの訪問があったりで。。。
中に入ったら簡単にみなさんで自己紹介をするとか、お店の方が少し仕切ってくださると助かるなぁと思いました。
Posted by リッチー at 2009年09月30日 00:19
こんにちは!
し〜さんが思ったこと一つ目の
小型インコとフィンチの別立てetc
TSS実行されてましたね。
文鳥だけの日もあるみたいで
同種同士、楽しい平和な(?)バードランが
繰り広げられることでしょうね♪
Posted by chino at 2009年09月30日 15:12
ご無沙汰しております!
TSUBASAシンポジウムでお会いできるかなあと
思っておりましたが、お仕事お忙しかったですか?

サポートショップでのお見合いの様子
ぜひ見物したかったです♪

なかなか人様のお子に、一言もの申すが
できないのが常ですよね〜
し〜さんのは大人な行動
頭が固いのでないと思います!
Posted by あんじゅ at 2009年09月30日 17:25
ああああ〜
コメントいただいた皆さんすみません
体調不良で二週間ほどダウンしておりました(新型ではありませんでしたよ〜)

ということで、まとめてフォローアップさせていただきます
Posted by し〜@管理人 at 2009年10月12日 03:40
リッチーさん>

覚えていますよ〜。当日はご挨拶できませんですみませんでした

キャリーのカバーは某同人さんのオリジナルなんですが、今はもう作ってないのが残念です

慣れていないかた、特に初めてのかたですと、皆さんとの接しかたは難しいですよね。人数が少なければヒト同士のご挨拶先行でいけるのですが、このときみたいに多いとそうもいかずですし…。スタッフさんに仕切ってもらうにも、スタッフさんが全員をご存知とは限りませんし、そもそも人手が余っているわけでもなさそう…。「トリ好き」って共通点があるのですから、深く考えずにお話なされてみてはいかがでしょう? かく言う私も、ご挨拶もしていなかたといきなりトリ談義始めたりしちゃっうこともしばしば(苦笑

お探しの相方は男の子でしょうか、女の子でしょうか? 我が家にも候補がいますよ〜〜♪
Posted by し〜@管理人 at 2009年10月12日 05:11
chinoさん>

TSSブンチョウの日、ブンチョウさんだけって安心でいいかも。ブンチョウさんも気が強い子はメチャ強いけど、テリトリーじゃないから大丈夫かな

そういえば告知記事の写真は、9/20に来ていたユキちゃん@白ブンチョウでしたね
Posted by し〜@管理人 at 2009年10月12日 05:14
あんじゅさん>

お久しぶりです〜〜〜!

TSUBASAシンポ、インフルエンザではなかったのですが咳と熱があったんで自粛しちゃったんです。電車や会場でゴホゴホしてたら気にしちゃう人もいるかなー? って

まだまだ、お嫁さん、お婿さん、お友だち候補の子たちがいますので、またTSSを利用させていただくこともありそうです。うまく同じ日に行き会えればいいですね♪
Posted by し〜@管理人 at 2009年10月12日 05:33
おはようございます。
体調はその後いかがですか?

きーしゃんは決まったんですね。
おめでとうございます!
きーしゃんの今後も幸せいっぱいでありますように。

くーしゃんにも良いご縁がありますように。
Posted by aodaidaisakura at 2009年10月20日 08:03
aodaidaisakuraさん>

ありがとうございます。体調はすっかりよいのですが、結局原因がなんだったのか判らずじまいでした…

里親さん募集の告知から約一年、やっと素敵な里親さんに巡り逢うことができました♪ く〜しゃんの里親さんも決まったら、あーしゃんのお嫁さんも探してあげなくっちゃです。ララ、レレの里親さんも探さなくてはだし、今秋はヒナの顔は見られませんわー
Posted by し〜@管理人 at 2009年10月21日 13:35
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。
この記事へのトラックバックURL
http://blog.sakura.ne.jp/tb/32387954
※ブログオーナーが承認したトラックバックのみ表示されます。

この記事へのトラックバック