2007年07月13日

出戻りよんよんモッテモテ♪

先日の日曜日(7/8)にマロン・メロンの四号、ヨンヨンが我が家へ戻ってきました。お迎えしていただいた里親さんのところで鳴き声苦情が出てしまい、ひと月ほど信頼できるかたのところで預かっていただいていたのですが、ようやく我が家へ帰ってくることができました

07071001.jpgぼくヨンヨンです

住宅情報誌にも載ったんだけど、みんな覚えてくれてるかな?

体重が急に減っちゃって豪徳寺の先生のところに入院したりしたけど、里親さんの愛情たっぷり貰ったんで今はとっても元気だよ

はいはい、元気だけど手が怖くなっちゃったのはどうしてー(><)

我が家に戻って初めて放鳥したとき、何かが気になったようです

07071002.jpgどっかで見たことあるトリさんがいるよ…

そりゃ、きみのパパとママだよ
(写真左下のほうにマロン・メロンのケージがある)

ふ〜ん、だから見たことあるのかな…

それより右目で見たほうが楽でないかい?

07071003.jpgあ、ホントだ!

ホントだ、ってあんたねぇ…





そんなわけで我が家に戻ってきたよんよん、これからもよろしくお願いいたします

07071004.jpg

でもって、よろしくして欲しいのはヨンヨンではなくてニッキー(右上)とルル(左下)のお嬢さんがたみたいで、連れ合い候補のヒスイとロロほったらかしでプレゼントねだってます

※注意※
よんよんが短い検疫期間で先住鳥と接触しているのは、よんよん自身が感染症の検査済みで、お預かり先での飼育環境も感染の危険のないお宅だったからです。ショップさんからのお迎えや未検査のトリさんの場合はしっかりと検疫期間を設けて、先住鳥さんとの接触は安全が確認できてからにしてくださいね
posted by し〜 at 21:17| Comment(4) | TrackBack(0) | チビ雑技団
この記事へのコメント
近所の理解が得られない場合は悲しい思いをしなきゃいけないこともあるんですね。

Posted by noharm at 2007年07月13日 23:25
noharmさん>
その通りです。小鳥なら大丈夫「だろう」なんて甘く見ていると、悲しい思いをするのはトリさんであり飼い主さんです

ちなみに我が家はペット(小鳥も金魚であっても)不可の賃貸住宅です。でも、入居前に大家さんと仲介会社と話し合って、賃貸契約書に特例条項で「インコは除く」と付け加えてもらい、大手を振って飼っています。あと隣近所との日頃のおつきあいも大切ですね♪
Posted by し〜さん at 2007年07月14日 00:12
ご無沙汰しています。
このたびは無責任なことになってしまい、本当に申し訳ありません。
現在、一生懸命お仕事をして、早く寮を出てまたみんなと一緒に暮らせるよう、頑張っています。

久しぶりによんよんの元気な姿を見ることができて、とても嬉しいです。
よんよんに会いたいよぅ・・・。(涙)

よんよんの手嫌いですが、病院から戻ってからそのような状態になっていました。
もしかして、強制給仕や注射を思い出すのでしょうか・・・?
うちでの体重測定や、放鳥後の捕獲は電気を消して行っていました。(汗)
Posted by みさ@風邪引き中(T-T) at 2007年07月15日 17:01
みささん>
こちらこそご無沙汰しています

元気にしていますのでご安心ください。今は我が家に慣れてもらって早く落ち着いてもらうことを第一にしています。手嫌いも直さなくっちゃですしね
Posted by し〜さん at 2007年07月16日 05:31
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。
この記事へのトラックバックURL
http://blog.sakura.ne.jp/tb/4692491
※ブログオーナーが承認したトラックバックのみ表示されます。

この記事へのトラックバック