2009年09月20日

嬉し恥ずかしきーくーお見合い♪

今日はTSUBASAサポートショップ(以下TSS)で、きーしゃんとくーしゃんがお見合いをしてきました

お相手は、少し前からお話のあったOさん宅のよもぎちゃんです

Oさんは愛玩動物飼養管理士1級もお持ちで、飼鳥経験も長いベテランさん(なんせ池袋時代のCAP! でMIYAさんを店長と間違えた逸話の持ち主だったりします)で、よもぎちゃんはオカメインコの男の子三羽の中で一羽だけいるコザクラインコの男の子です

我が家のきーは産卵経験があるので女の子確定なんですが、くーはまだ性別不明、もしかしたらということで一緒に連れて行くことにしました

本当は、きーとくーがもう少し発情気味になってからのお見合いがベストなんですが、たまたま今日のTSSは「小型鳥の日」ということで、沢山のトリさんが集まる予想。そんな中でケンカせずに過ごせれば、お見合いの第一歩は成功かな? と、一回目のお見合いにこの日を選んでみました

このblogでの育雛日記をご覧になっていたかたはご存知だと思いますが、この子たちは挿餌をせずにパパママに任せっきりで育ったので、最初は荒鳥よろしくケージに手を入れただけでバタバタ逃げ回る子に育っていたんです。今でもときどき思い出したように人の手を怖がることがあるんで、トリさんが多くなったときに回収不能になるようならキャリーから出さずにお見合いしなければなりません

ということで、他のトリさんが集まってくる前に、まずきーとくーを出して様子を見てみます。今日もケータイカメラのみなので画像が甘くてすみません
09092001.jpg 09092002.jpg
(どちらも左がくー、右がきー)

我が家では、飛び立ったときにちょうどよい高さと場所に長い止まり木があるのですが、TSSにはそれがありません。ちょっとあせった様子で一頻り飛び回って、天井からぶら下がったり梁につかまったりした後で、ようやく落ち着けるところが見つかったようです(左写真)

手を差し出すと二羽とも素直に乗ってきて、右写真のように低いところでもどこでも連れて行って大丈夫です。今日は手が怖くない日のようです(やったー)

キャリー越しではお互いを見ていたのですが、さぁ、いよいよ外でのご対面です

09092003.jpg
じゃーん、左側の子がよもぎちゃんです

って、きーとくーがブレてるじゃん、もう一枚

09092004.jpg
あ、今度はよもぎちゃんがブレてる(^^;;;;;

ここで一瞬だけ、くーが餌付くような動作を見せました。もしかしてうまくいくかな?

この後、沢山のお客さんがお見えになって、ラブバードだけでも20羽近く、オカメもわらわら、ウロコ、セキセイ、マメルリハ、クサインコ、ブンチョウなどなど、飼い主さんも含めてTSSのバードランは満員御礼状態に。そんな中で、よもぎちゃん、きー、くーの三羽は、

09092005.jpg
(左からきー、よもぎちゃん、くー)
こんなとこや、

09092006.jpg
(左からくー、一羽おいてよもぎちゃん、くー。すみませんWFコバルトバイオレットの子の名前が思い出せません…)
こんなところ(おっとしまった、壁のカレンダーのピーちゃんにピントが合ってしまった)で、他の子の存在に関係なく、まるで元から同じ群れの仲間のごとく行動していたのでありました

きーとくーは最初から飛び回っていたせいか、他の子が遊んでいる真ん中でうとうと始める始末、中休みで一旦三羽をキャリーに戻します

ちょっとよそ様のお子たちをば

09092007.jpg 09092008.jpg
左写真は飼い主さん(?)の頭の上でくつろぐ豪シナモンシーグリーンコバルト(手前)と豪シナモンシーグリーンコバルトパイド。仲良く二羽でカキカキしてました

右写真は豪シナモンWFモーブ。とっても賢そうです

クリームイノ系は他にも何羽かいたのですが、我が子たちのお見合いに夢中で写真を撮り忘れてしまった…

そうこうしている内にバードラン内も少し落ち着いてきたので、お見合い再開

09092009.jpg
(左からぽこちゃん、よもぎちゃん、きー、くー)

09092010.jpg
(左からくー、きー、ぽこちゃん、よもぎちゃん)

最終的には残っていた子がこの子たちだけということもあり、四羽でまったりしておりました

お互いが近づいても威嚇しあうこともなく、同じ群れというか同じ家族のような雰囲気でした

よもぎちゃんは、何か思うことがあったのか、自分で必要とする以上に粟穂を食べて、つまりプレゼント用のストックをせっせと貯めておりました(二枚目の写真は上から下がった粟穂食べてます)。ここで、うちの子が「ちょーだい」ってクチバシをコツンとやれば一発でお見合い成立なんですけどねぇ…

試しに同じキャリーに、よもぎちゃんときー、よもぎちゃんとくー、をそれぞれ入れて15分くらいずつ様子を見ていたのですが、ケンカすることもなく(くーが一瞬「寄るな」ってポーズだけしたくらい)、うちの子に発情が入れば問題なくお見合いが成立しそうです。コザクラインコの場合、相性が悪いと出合った瞬間からケンカが始まりますので、一か所にいられるってだけでお見合い成功ともいえるくらいなんです

# よもぎちゃんもうちの子も事前に健康診断、感染症検査済みですので初対面で接触しても問題ありません

ということで、今回のお見合いは一回目としては成功だったと思っています。うちの子が発情気味になったときに場所を移して、次回のお見合いを行う予定です

09092011.jpg

はーい、二人とも今日はお疲れさまでした♪

**後日談

今回のお見合いに触発されたのか、くーがクツクツ言いながら餌付くような動作するようになりました。これはお見合い一週間早かったか〜〜〜(><)

****ここからは当日思ったこと(お見合いとは別件)

◎一つ目

当日のTSSバードランは、小型鳥の日ということで、100g以下のオウム目のトリさん(オカメインコは100g超でも含む)とフィンチさんが集まる設定になっていました

でも、実際にはウロコやオカメといった体格の大きな子や、向う見ずでテリトリー意識の強いラブバードと一緒に、セキセイやブンチョウは同時放鳥させられないと思います。実際にセキセイさんの飼い主さんは常に自分のトリさんをガードできる体制でキャリーから出しておられましたし…

「小型インコとフィンチの日」てのを別立てしたほうがいいんじゃないかと、TSUBASAの松本代表に進言しておこうかと思っています

ちなみに伝統的な呼称で、小型インコとはセキセイインコのみを指します。一般にフィンチと言った場合にカナリアが含まれないのと同様で、セキセイインコとカナリアは他の鳥種と別に扱われます。先達に学ぶことのない新しい飼い主さんは、マメルリハだとかサトウチョウだとか、ただ単に大きさが小さいから小型インコと思っているようですが、実は間違いだったりします。ただ、この区分は小型インコだけ一鳥種で厳密ですが、中型インコと大型インコのあいだに厳密な区分はありません


◎二つ目

当日はお子さんも何人か来ていたのですが、どの子もまるで指を出せばどのトリさんも必ず乗って来るのが当然とばかり、黙っていきなりぬっとトリさんの前に指を出すんです。食事中だろうが、疲れていそうだろうが、トリさんの都合はおかまいなしにです

可愛いトリさんがいれば自分の手に乗ってほしい、その気持ちは解ります。でも、そこにいるトリさんたちは君たちのトリさんではないし、花鳥園のトリさんたちのようにお客さんに営業するために、TSSのバードランにいるわけではないのです

もしかしたら、ヒトの手が怖いトリさんかもしれません。初めてのヒトには攻撃的になる子かもしれません。今回のうちの子たちのようにお見合い中なのかもしれません

どのトリさんだって、一緒に暮らしている飼い主さんがちゃんと横にいるのです。手に乗せたければ、飼い主さんに一声かけてから手を出すよう、保護者のかたには指導していただきたいものです

子どもに頼まれて嫌という飼い主さんは、よほどの事情がない限りいないでしょう。ただ、子どもが勝手に手を出したトリさんが、そのよほどの事情を持ったトリさんでないという保証はどこにもないのです

もし、無断で手に乗せたトリさんに何かあった場合、またはお子さんに何かあった場合、飼い主さんは対応に困ってしまうことになります

お子さんが独りで状況の判断ができないのであれば、保護者のかたが飼い主さんの許可をとってあげるのでもよいと思います。もっとも、それができる保護者のかたならお子さんがよそ様のトリさんに黙って手を出すのをただ眺めていたりはしないでしょうが…(管理人の子どもだったら引っ叩いてます)

これって、フィギュアなんかのオフ会でよそ様の持ってきたフィギュアを、知らない子どもが勝手に持っていこうとしているようなものですよね

普段、自分のトリさんを連れてないときは「飼い主さんがいいのなら」と黙って見ていましたが、今回はさすがに黙っていられませんでした。「ご飯食べてる最中のトリさんに手を出すのはやめようね」「(お見合い中)今はこの子たちに手を出さないでね」

どなたかのお宅で、お互い見知った仲同士であれば、もっと緩やかに考えられるのでしょうが、見ず知らずのかたのトリさんに無断で手を出すってのはどうもいただけません

頭固いでしょうかね?
posted by し〜 at 21:00| Comment(19) | TrackBack(0) | コザクラ雑技団

2009年03月18日

チッチちゃんの微妙な水色

09031801.jpg
Hさん宅からヨンヨンにお嫁入りしたチッチちゃん。すっかりケージをテリトリー化して、手を入れる管理人に襲い掛かってきます

アメリカンパイドの入ったルチノーと推測しているのですが、腰羽が純白ではなくビミョーな水色が入っています。風切羽も光の加減でわずかに水色がかって見えることがあります。ルチノーでも腰が水色のものがいると言われていますが、ジャパニーズイエロー(ゴールデンチェリー)の血が混ざっている可能性も捨て切れません。陽気もよくなってきたのでヨンヨンとのヒナっぴでも見てみようかな…

写真では判りづらいのを承知で撮ってみました。パナソニックのデジカメよりケータイのほうが色が出たので載せておきます
posted by し〜 at 14:39| Comment(0) | TrackBack(0) | コザクラ雑技団

2009年02月15日

便りがないのは…

年度末はかき入れどきなので超多忙な日々を送っている管理人です

blogの更新も滞っていますが、便りがないのは元気な証拠だと思ってくださいまし〜

09021501.jpg
左からベッキー、カナ、マッキー、ハイジ

オカメたちとソデジロたちは、最近同時放鳥です。たまに近づきすぎると威嚇しあったりしていますが、大きなケンカになることはありません(オカメーズのほうがスタコラ逃げちゃうんです)

09020101.jpg
左から二号、三号、ロロパパ、一号

チビたちはすっかりチョビヒゲも消えて子どもらしい顔つきになってきました。一号と二号もシーグリーン特有のツートーンカラーのクチバシです

09012301.jpg
放鳥時の様子を新しいケータイで撮ってみました
メインのデジカメが200万画素なのにケータイは500万画素なんですよね…

そんなこんなでバタバタしてるうちに誕生日を迎えた子たちが…

1/24 サイ 7歳
1/25 レモン・メロン 7歳
2/5 ヨンヨン 3歳
2/8 ヒスイ 3歳
2/11 ロロ 3歳

個別に写真撮ってなくてごめんよ〜

そうそう、2/11には国立青少年オリンピックセンターで行われた第2回TSUBASAフォーラムに行ってきました。夜勤明けの足でそのまま参加して、フォーラム終了後は中央線特急とタクシーで仕事に向かうというハードスケジュールだったのもので、寝ぼけ頭でお会いした皆さんにも、ちゃんとご挨拶できなかったのが心残りです。すみませんでした
posted by し〜 at 23:41| Comment(4) | TrackBack(0) | コザクラ雑技団

2009年01月06日

みんなで新年のご挨拶

09010603.jpg 09010604.jpg
今日は大人組の全羽放鳥にチビたちを混ぜてみました
(これまではロロルル一家の放鳥に大人組を何羽か混ぜてました)

さすがに19羽もいると、チビたちの安全を見守るだけで全員に目が行き届きません(こっそりレモンとサイが天井かじってるし…)。でも、社会性を身につけオレサマ性格にしないため、大人たちとの接触は必要不可欠なんです

一枚目、ロロルル一号が目測を誤ってマロン爺の上に降りてきちゃったんで、二羽ともずっこけてます。飛んでいるのはピー

二枚目、着地寸前なのもロロルル一号、ロロルル二号の上に降りそうですが、ちゃんと止まり木に降りました

09010601.jpg
左からきー、あー、くー、ロロパパ、ロロルル三号、ロロルル二号
くーの向こうにマロン爺がいるのですが見えませんね…

きー、あー、くーは、ロロパパの兄ヒスイの子どもたちですので、ロロルルJr.とはイトコの関係になります

09010605.jpg
こちらはロロルルJr.のみ、左から三号、二号、一号
お腹も随分フェザーが出てきました

二号と一号は肉眼だと殆ど同じ色合いに見えるのですが、写真に撮るとバイオレット因子の影響で一号のほうが青く写っています

去年は、あーちゃんが孵ったことでメロン爺にダッチブルー因子があったことが判った年で、ロロルル一号、二号の誕生で、それが確定的になりました。見た目のブルー系が一羽もいなかった我が家に青い子がわらわらと孵ったのも、何も考えていなければ不思議なことだったかもしれません。幸い、メロン爺の両親までは品種が判っていましたので、驚く前に考える時間がありましたが…

管理人自身、繁殖で増やすことには消極的というか否定的な考えを持っていますが、個人的な興味としては巣引きで発現する色を確認して、みんなが持っている因子を徹底的に洗い出して見たい気もしていたりします←しませんが…
posted by し〜 at 19:00| Comment(0) | TrackBack(0) | コザクラ雑技団

2008年11月04日

今日の誕生日プレゼントは無農薬粟穂♪

今日はレイレイの4歳の誕生日です♪

昨日、誕生日のプレゼントにいただいた無農薬粟穂です

レイレイ、粟の実より茎にご執心で美味しそうな写真が撮れなかったので、写真は昨日7歳になったマロンです
08110401.jpg
後ろでメロンがマダム顔してます(^^ゞ
posted by し〜 at 18:56| Comment(4) | TrackBack(0) | コザクラ雑技団

2008年11月01日

今週は誕生日ウィーク♪

なぜか11月の頭に誕生日が集中しているコザクラ雑技団です

■11/3 レイ 4歳 コザクラ雑技団第二世代
08110102.jpg
左から母サイ、父レモン、レイ、夫ハナ

■11/4 マロン 7歳 コザクラ雑技団の最長老
08062201.jpg
下左から妻メロン、子ヒスイ、上左から孫きー、子ロロ、従兄弟レモン、孫くー、マロン

■11/5 ルル 2歳
08110103.jpg
左からルル、夫ロロ

■11/6 ニッキー 2歳
08110104.jpg
今年4月の子育て中、左からニッキー、子きー、子くー、子あー、夫ヒスイ

連荘の誕生日パーティになるけど、プレゼントの無農薬キビ穂、足りるんだろかー?
posted by し〜 at 23:35| Comment(4) | TrackBack(0) | コザクラ雑技団

2008年09月13日

チッチ二歳の誕生日

08082501.jpg
チッチが我が家で二歳の誕生日を迎えました♪

お嫁入りのときは46-47gと我が家の女性陣の中では軽めだったチッチですが、最近はペレット食に切り替わり食後では50gを超えるくらいまで立派になっています

お誕生日のプレゼントは赤粟穂、このところペレットのみだったので、とっても喜んでくれたようです

もうひとつ新居のプレゼントも用意してあるのですが、置き場所の関係でリハウスできずにいます。早いとこスペースを作らなくっちゃ…

08091401.jpg
ヨンヨンとの仲もよく、こんなところでシンクロしてたりします

チッチが手乗りだったおかげで、人を怖がるようになって出戻ってきたヨンヨンが、ちょっとずつ手を怖がらなくなってきてるのが嬉しいところです。おかげで放鳥後の回収がとっても楽になってありがたい限りです(^^
posted by し〜 at 19:00| Comment(0) | TrackBack(0) | コザクラ雑技団

2008年08月16日

ヨンヨンとチッチ、お見合いその後

更新できないまま写真だけがどんどん溜まってます(><)

たまには様子でもということで一番のニューフェイス、チッチです

5月にヨンヨンとお見合いをして我が家にやってきたチッチちゃんですが、無事に健康診断と感染症検査をパス、半月ほどの検疫期間後はヨンヨンと同居しております

08081501.jpg 08081502.jpg
ヨンヨンも他の女の子にプレゼントに行かなくなりましたし、放鳥時もこんな感じですっかりラブラブモード全開です♪

この分なら二世も期待できそうですが、秋の仕事状況が未知数なのでどうなることやら…
posted by し〜 at 18:00| Comment(4) | TrackBack(0) | コザクラ雑技団

2008年05月25日

ヨンヨンのお見合い & チッチお迎え♪

我が家の男ヤモメ、ピーとヨンヨンの二羽に、お嫁さんを見つけてあげたいとかねがね思っていました。そこへコザクラ界では有名なブリーダであるHさんからお話があって、春の小鳥まつりでお見合いをさせていただくことになりました

ピーのほうは朝の体重が普段より2gほど軽く、車での長旅(往復150kmほど)が心配なこともありヨンヨン単独でのお見合いでしたが、逆に両手に花になったヨンヨンです

08052501.jpg
お見合いの様子はこんな感じ。ニ部屋仕様に改造したハムスターケージに、お嫁さん候補を代わる代わる入ってもらいました

お嫁さん候補として連れてきていただいたのは、豪シナモン系オレンジフェイスの子(左)とルチノーパイドの子(右)です。どちらの子も、とっても人馴れしていて良い子です

08052502.jpg
豪シナちゃんはヨンヨンより自分の脚のほうが気になるご様子。ケンカになるような雰囲気は皆無なので同居も可能そうですが、どちらかというと今は男の子に興味がない時期みたい

08052503.jpg
ヨンヨンが気になるのはルチノーパイドの子のようです。ケージの中上がルチパイちゃん、ケージの中下がヨンヨン、ケージの上に豪シナちゃん

08052504.jpg
ケージの仕切り越しにルチパイちゃんとクチバシを突付き合って(ケンカのチャンバラではなくて)いるので、これはもしかして? と、一瞬だけ同じスペースに入れてあげるとご覧の通り。ルチパイちゃんが「チッ!(ちょうだい)」と鳴くと、ヨンヨンが一所懸命プレゼントを始めました

コザクラは相性が難しくて、お見合いがその場で成立するのは非常に珍しいことなんですが、これはもう決定です♪

08052505.jpg
ということで、我が家のコザクラ雑技団にチッチちゃんが仲間入りすることになりました。よろしくお見知りおきを〜〜〜

Hさん、ありがとうございます

ちなみに、チッチちゃんは5代前までさかのぼって血統が判っています。数代前には書籍や雑誌のグラビアを飾った子も何羽かいます。ヨンヨンも住宅情報誌のモデルになったことがあるので、アイドル家系になれるかもですね(^^ゞ
posted by し〜 at 20:18| Comment(8) | TrackBack(0) | コザクラ雑技団

2007年10月13日

カゴ抜け常習犯 (マロン・メロン)

朝、餌を入れ換えていると頭の上でコザ鳴きが…

はい、いつものことですがマロンとメロンのカゴ抜けです(><)

07101301.jpg
この場所で餌扉が引っ掛かることを知っていて、餌箱を取り出したところで扉を持ち上げて、二羽揃って悠々と出てきます

# 普段は温室のガラス窓があるので持ち上げても出られません

07101302.jpg
声の主はこちら。巣材あさり中のメロン(左)とマロン(右)

一昨日、卵を撤去したのですが、まだ巣篭りモードが抜けきっていないかな?
posted by し〜 at 08:45| Comment(2) | TrackBack(0) | コザクラ雑技団

2007年09月24日

おバカなハナと水も滴るピー

07092401.jpg
ハナ、餌や水が少なくなってくるとチャブ台返しをして抗議します。餌入れや水入れが外れて転がっていることもしばしば

今日はカシャカシャと音がするなー、と思っていたら、ハナがペレット入れを落とした上に水入れの上にシュートしていました…

水飲めなくて困った顔してても自分でやったんでしょうがー!

07092402.jpg
こちらは男ヤモメのピー。シンクに連れて行けと管理人にせがんで水浴びをしてきたところです

濡れすぎてしまって気持ちが悪いのか、しきりに尾羽を広げてプルプルしてました

基本的にどの子も鳥部屋以外に出さないし、行こうともしないのですが、なぜかピーだけは隣の台所に行きたがります。前の飼い主さんがシンクで水浴びさせていたのでしょうか
posted by し〜 at 19:00| Comment(0) | TrackBack(0) | コザクラ雑技団

2007年09月22日

最高最低温度計と全員集合

07092201.jpg
壁にかけてある最高最低温度計をチェックしに来た(?)ニッキー(左)とルル(右)
我が家に来た頃はよく一緒に遊んでいたのですが、最近では珍しいツーショットです

07092202.jpg
久々に12羽全員がフレームに収まりました
左から、
ヨンヨン、マロン、メロン、ハナ(上)、レイ、ヒスイ(奥)、ロロ(飛)、サイ、レモン、ニッキー(下)、ルル、ピー
posted by し〜 at 19:30| Comment(0) | TrackBack(0) | コザクラ雑技団

2007年09月20日

今朝のレモ・サイ

朝の餌換えのときには、ケージごとに短時間(シードとペレットの餌換えがすむあいだ)の放鳥をしています

07092002.jpg
サイ(下)が忍者のようになっています
下段のケージで怒っているのはハナ(レモンとサイの娘レイの相方)

07092001.jpg
左がレモン、右がサイ
レモンはしっかり網に指をかけているのですが、ビビリのサイはいつでも飛び立てるように脚指は網に乗っているだけです
posted by し〜 at 09:45| Comment(0) | TrackBack(0) | コザクラ雑技団

2007年09月15日

今日の雑技団劇場

マロン・メロン編
07091502.jpg
カナ@ソデジロインコの隔離温室の上で
マ「半年くらい前から変なヤツがここにいるんだよねぇ」

07091503.jpg
メ「そんなことより、ねっ♪」

07091504.jpg
マ「しょーがねーなー」
メ「んぐんぐんぐんぐ」

07091505.jpg
メ「あら、ほら、あそこ!」
マ「げっ、あいつずっと見てたんか!」

ロロ編
07091506.jpg
ロ「あ、これはオカメーズのお水?」

07091507.jpg
ロ「ふー、余所の家のお水は美味しいのだ♪」

07091508.jpg
ロ「や、やだやだ、パパそれ以上こっちに来ないで〜〜! お尻が落ちちゃったよ」

動画編
下のサムネイルをクリックすると別窓で動画を再生します(要クイックタイム)
07091509.jpg
最初に映っているのはサイ(左)とレモン(右)、途中右側にちらっと見えるのはハナ、左から右へ移動して消える子はヒスイ、最後左端に移っているのはマロンです
posted by し〜 at 21:00| Comment(0) | TrackBack(0) | コザクラ雑技団

2007年09月10日

雑技団近況 (動画あり)

07091001.jpg
ちょっと目を離すと悪戯三昧の雑技団。今日はサイ(左)とレモン(右)が家を齧ってました(><)

07091003.jpg
ニッキー(左)とヒスイ(右)はすっかりペアとして固まったようで、どこへ行くのも一緒、どちらかが見えなくなると落ち着かなくなります

07091004.jpg
ルル(手前)も立派なお嬢さんになりましたが、ロロ(奥)がまだまだお子ちゃまなので、今一つ物足りなそうです。放鳥時たまにルルがヨンヨンからプレゼント貰ってたりしますが、ロロは怒るより「ボクにも頂戴〜」と寄っていく始末。どうなることやら…

放鳥時の様子はこんな感じです。カメラを構えていると普段より動きが少なくなっていますが…
下のサムネイルをクリックすると別窓で動画を再生します(要クイックタイム)
雑技団動画 要クイックタイム

posted by し〜 at 20:00| Comment(0) | TrackBack(0) | コザクラ雑技団

2007年08月30日

コザクラ動画は難しい… (今日は二歳組の紹介)

コザクラ雑技団若組(二歳児クラス)のご紹介♪

07083004.jpg
左がハナ、右がレイです(背後霊はレイの従弟のロロ)。ハナは、オヒトリサマ状態でわがまま放題だったレイに猛アタックでペアになりました。こんな感じで、いつもレイの近くで見張っています

・ハナ 2005年春生まれ 男の子 ダークグリーンDFデニッシュバイオレット
・レイ 2004/11/03生まれ 女の子 アメリカンパイド ※レモンとサイの一人娘

07083001.jpg
ハナ(左)の尾羽を見るとデニッシュバイオレット因子を二本持っているのがよく判ります

07083002.jpg
こちらは管理人一筋のピー。ご家族のアレルギーで養子先を探していた飼い主さんがレイのお婿さん候補にと我が家を選んでくれました(2006年2月)。これまで一羽飼いだったせいか、残念ながらトリより管理人に懐いてしまって今に至ります

ノーマルよりわずかに暗色がかっているので、最初はダークグリーンかと思っていたのですが、純粋なダークグリーンと比べるとかなり明るめです。尾羽の特徴からノーマルにレッド・サフュージョンを持っている可能性があります。もっとも単なるノーマルにSFデニッシュバイオレット持ちかもしれませんけど…

・ピー 2005年春生まれ 男の子 品種不明

こちらは管理人の指と戯れるピーの動画です
070830 029.mov
この写真をクリックすると再生します(要クイックタイム)

少し前まで発情期で吐き戻しがハンパなかったのですが、やっと落ち着いてきました。でもまだ管理人の指にプレゼントしようとしています…

飛び回る子の動画はなかなかうまく撮れません(涙)
posted by し〜 at 22:26| Comment(4) | TrackBack(0) | コザクラ雑技団

2007年08月15日

パイド! パイド! パイド♪ (レモン・サイ・ヨンヨン)

07081501.jpg
アメリカンパイドの子が三羽並んだ写真が撮れました
左から、レモン叔父、サイ外叔母、ヨンヨン甥

ヨンヨン、我が家に帰ってきたときにはケージに近付くだけで奥に逃げちゃう荒もどきだったのですが、最近はケージの中に入れた手に乗ってくれるくらいまで信頼回復しています♪ まだつかんだり、ケージの外で手に乗るまでは至りませんが、少しずつ昔を思い出してくれるといいなぁ…
posted by し〜 at 23:50| Comment(5) | TrackBack(0) | コザクラ雑技団

みんないるかな? (コザクラ雑技団勢揃い?)

07081502.jpg
全員揃ってると思ったんだけど、惜しい! サイが齧り柳の裏に…

上段止まり木左から、
ハナ 2歳♂ ダークグリーンバイオレット
レイ 2歳♀ アメリカンパイド
マロン 5歳♂ オーストラリアンシナモンオリーブバイオレット
メロン 5歳♀ アメリカンパイド
レモン 5歳♂ アメリカンパイド
ロロ 1歳♂ ダークグリーン/sp.オーストラリアンシナモン
ヨンヨン 1歳♂ ダークグリーンアメリカンパイド/sp.オーストラリアンシナモン
ニッキー 0歳♀ オーストラリアンシナモンオリーブ/sp.ダッチブルー
ヒスイ 1歳♂ ダークグリーンバイオレット/sp.オーストラリアンシナモン

ルル 0歳♀ マメリカンイノ/sp.ホワイトフェイス
齧り柳手前
ピー 2歳♂ ダークグリーンバイオレット
齧り柳裏(見えてません)
サイ 5歳♀ アメリカンパイド
posted by し〜 at 23:44| Comment(0) | TrackBack(0) | コザクラ雑技団

2007年08月05日

放鳥写真ピックアップ

今日は放鳥時の写真を何枚かピックアップしてみます♪

07080501.jpg
レイ(左:アメリカンパイド)とハナ(右:ダークグリーンバイオレット)のペア

レイはレモンとサイの一人娘、我が家で初めて孵った子です

ハナはサイのお婿さんとして養子に来ました。始めは近付くだけで逃げ回っていたのですが、最近はケージ越しなら手からオヤツを受け取ってくれたり、たまーにですがケージに入れた指に乗ってくれたりするようになりました。レイや隣のピーが管理人と遊んでいるのをいつもじっと見ているので、安全だと認識してくれたのかしら?

07080502.jpg
メロン(左:アメリカンパイド)とマロン(右:オーストラリアンシナモンオリーブバイオレット)のペア

メロンが背中に挿していた小さな木っ端を抜き取ってご満悦のメロンです。メロンの首周りと耳羽周辺が薄いですが、自分で毛引いているのではなく、メロンのおねだりで抜かれてるんです(涙)

07080503.jpg
左からヨンヨン(アメリカンパイドダークグリーン)、ヒスイ(ヨンヨンの奥:ダークグリーンバイオレット)、ルル(ルチノー)、ニッキー(オーストラリアンシナモンオリーブ)

ヨンヨン、お嬢さん二人を前にプレゼント体勢です…

ルルはイノらしい腰〜尾羽ですねー

ニッキーは大人羽になってメロンそっくりになってきました。ときどき間違えそうになります。違いは耳羽の有無…(苦笑

ルルもニッキーもイノ(ルチノー=アメリカンイノ、オーストラリアンシナモン=オーストラリアンイノ)ですが、ニッキーはダーク因子が二本なので全く違ったイメージです

07080504.jpg
左からマロン、メロン、ピー、サイ(ノーマルグリーンバイオレット)、下レモン

普段は管理人にまとわりついているピーが、遊び場のほうにいる珍しいショットです
posted by し〜 at 19:00| Comment(2) | TrackBack(0) | コザクラ雑技団

2007年06月08日

マロン・メロンのクラミジア検査も陰性!

07060801.jpg
5/30に検体を採取して、いつもの岐阜大学に送ったマロンとメロンのクラミジア検査ですが、先ほど無事に陰性通知が届きました

全員の検査をしたわけではないので100%とは言えませんが、これで前回の若温室、今回の大人温室の住民、ともに我が家内で水平感染していた可能性はかなり低くなったと考えられます

次回は月末に、カナ@ソデジロとオカメの検査、それと平行して管理人自身の抗体検査を行う予定です
posted by し〜 at 17:46| Comment(8) | TrackBack(0) | コザクラ雑技団

2007年05月30日

マロ・メロ健康診断とクラミジア検査へ

有給が余ってるんで、今日はマロンとメロンを連れて健康診断へ行ってきました

実はこのところカナのクラミジア対応で、先住鳥の発情対策が後手後手になってまして、昨日メロンが卵を一つ産んでしまったんです。明日になると卵殻ができてしまうはずなので今日のうちに! というのと、移動のストレス(片道車で約30分)で発情が収まってくれることも期待してたりします

もちろん、すでに次の卵ができかけているので、こいつは止まりません。ていうか、ここで止まったら卵が詰まっちゃいますから、次の卵ができないでほしいなぁ、てな期待を抱きつつ…

ただ、この子たちは通院やお出かけで車慣れしているので、移動中も元気で動き回ったり餌を食べたり、遊んで〜と騒いだりで、あんまし移動ストレスはないかも(苦笑)

肝心の健診ですが、目診、触診、顕微鏡検査とも、ほぼ問題がありませんでした♪ ほぼ、としたのは、メロンの尾羽に軽いストレス線が出ているものがあったのと、ちょっと胸筋が薄くなっている(管理人も気になっていた二件)が指摘されたためです。問題になるほどではないとのことで一安心

前回4/30に若者連中のクラミジア検査を出したので、ちょうど一か月だし、カナの抗生物質投与が終わったところなので、マロンとメロンもクラミジア検査を依頼してきました。我が家内での水平感染のチェックもしなければならないので、実は健診よりクラミジア検査のほうが主目的だったかも…

我が家では、ガラス温室三台に、「コザ若組」「コザ大人組」「オカメーズ」が分かれて入っています(カナは闘病用小型ガラス温室で隔離してます)。前回、若組の検査をしたので、今回は大人組の代表検査です。来月末にカナの再検査をするので、そこでオカメーズの検査もする予定でいます
posted by し〜 at 13:00| Comment(0) | TrackBack(0) | コザクラ雑技団

2007年05月06日

今日の雑技団(若ペアの様子など)

このところ、ケージや部屋の消毒に追われて、ゆっくりとカメラを構える時間がなかったのですが、今日は少し時間があったので手元にカメラを置いて写真を撮りながら掃除をしてました。そんな中で撮った数枚です

07050601.jpg
初っ端からボケボケ写真ですみませんー。ピント合わすのも忘れるくらい嬉しかったもんで掲載しちゃいます

なんとレイレイがハナハナの羽繕いしています。レイは一人っ子で周りは大人鳥ばかりで一緒に遊ぶ子がいなかったせいか、ちょっと我が儘なオヒトリサマ。ハナがアプローチするも常に我が道を行く子で、これまでも夜だけ寄り添って寝てた程度のペアだったんです。これで一緒の餌箱でご飯を食べるようになってくれれば、もっと嬉しいんだけど…(今はまだレイが先に餌箱を占拠して食べてます)

07050602.jpg
すっかり赤デコになったニッキー近影(奥はヒスイ)

オリーブはダーク因子に抑制されてバイオレットの有無が判りにくいんですが、マロンと比べて羽色が明るい感じなのでバイオレット持ってないかもしれません

07050603.jpg
ルル(下)にねだられて一所懸命ご飯をあげるロロ(上)。あ、これも目線が切れちゃってる…。ガラス越しだし…(汗)

このところルルがロロにおねだりする姿をよく見かけます。ロロもそれに応えようと頑張ってます

07050604.jpg 07050605.jpg
ルルの近影を撮ろうとしたら「何それ? 遊ぶの?」と寄ってきたロロ(左写真)。ロロどいて〜! と言ってるあいだにルルは奥に引っ込んじゃいました(右写真)。ルルも少しずつですが慣れてきてくれて、この頃はケージ越しに麻の実を受け取ってくれるようになってきています

07050606.jpg
そして相変わらず管理人ラブのピー。「写真なんて撮ってないでオレと遊べ!」と抗議中です。ただケージに貼り付いているように写っていますが、クチバシ研いでます(^^;;;;

07050607.jpg
陽だまりで、ピーナッツを脚で持って食べるカナ。見ていると実を食べずに捨てて、殻をチミチミと食べているような感じがします。無農薬ものにしといてよかった…
posted by し〜 at 18:00| Comment(4) | TrackBack(0) | コザクラ雑技団

2007年05月03日

今日も日光浴♪ (一応全員の写真あり)

めっちゃ天気がよかったので、今日も庭の草むしりをしながら全員の日光浴

普段はほとんど人通りのない管理人宅の前の路地ですが、今日は地元の大祭があるので珍しく人が通ります。鳴き声が目立つせいか、足を停める人もけっこういて、「あら、きれいねー」「かわいいわねー」と声をかけていく人もいます♪

久しぶりなので全員の品種も入れておこうっと…

07050301.jpg
まずはチビ雑技団
左からニッキー・ヒスイ、ルル・ロロ
そろそろペアが落ち着いてきたので新居を用意してあげなくっちゃ
(我が家ではコザの新婚さんには35手乗りをプレゼントしています)

ヒスイ :1歳3月 ♂ ダークグリーンSFバイオレット/sp.オーストラリアンシナモン
ニッキー:0歳6月 ♀ オーストラリアンシナモンオリーブ/sp.ダッチブルー

ロロ:1歳3月 ♂ ダークグリーン/sp.オーストラリアンシナモン
ルル:0歳6月 ♀ ルチノー/sp.ホワイトフェイス

※ニッキーとルルはバイオレットをSFで持っているかもしれません

07050302.jpg
お次はコザクラ雑技団大人組(ピーは後ほど)
左からレモン・サイ、ハナ(保護色になって背景と同化してます)・レイ、メロン・マロン

レモン:5歳3月 ♂ アメリカンパイド
サイ :5歳3月 ♀ アメリカンパイド

マロン:5歳6月 ♂ オーストラリアンシナモンオリーブSFバイオレット
メロン:5歳3月 ♀ アメリカンパイド

ハナ:2歳2月 ♂ ダークグリーンバイオレット
レイ:2歳6月 ♀ アメリカンパイド

07050303.jpg
続いてオカメーズとピー
左から、ピー、ハイジ・マッキー

マッキー:10歳1月 ♂ ノーマル
ハイジ :12歳1月 ♀ ノーマル

ピー :2歳1月 ♂ ダークグリーン
管理人:20歳325月 ♂ 日本人

07050304.jpg
最後にカナ、内またですねー

カナ:2歳1月 ♀? ノーマル ベルギー生まれ
posted by し〜 at 14:45| Comment(8) | TrackBack(0) | コザクラ雑技団

2007年02月17日

ピー近影 (クローズアップレンズで試写)

ピーは管理人にまとわりついていて、いつも近すぎる場所にいるので写真がほとんど撮れません。そんなわけで都会に出たついでにクローズアップレンズを買ってきました

07021703.jpg
というわけで、管理人の指にプレゼント中のピーを撮ってみたのがこれ。なかなか撮りやすくなってます。まぁ、四隅にケラレが出ていますし周辺部のニジミや色収差はありますが、千円ちょいで近接撮影がやりやすくなったのですから、細かいことは不問にしましょう(^^;;;

※クローズアップレンズとは
カメラレンズ先端につける凸レンズ。フィルターを装着するようにレンズ先端にネジ込んで使用。装着することによって、標準より近距離での撮影が可能になるアイテムです
posted by し〜 at 20:31| Comment(6) | TrackBack(0) | コザクラ雑技団

お見合いレポート (レイとハナ)

このところ、管理人不在時も同居しているレイとハナ。まだ、わがままレイレイが縄張り主張をしていますが、暗くなると寄り添って寝るようになってきました

まだ、餌を換えたときなどレイレイが餌箱を独占しようとハナを追い払ってしまうのですが、以前ほどハナがビクビクではなくなってきています

07021701.jpg
これまで「おひとりさま」で、大人組とは別に一人で遊んでいたことの多いレイレイ。最初の頃はハナが近づくと怒って追い払っていたのですが、最近はこんな感じで威嚇しなくなりました

07021702.jpg
実は我が家で唯一、ケージに手を入れると暴れて逃げ回るハナ(><)。ここ何日かで、やっとケージ越しなら麻の実を受け取ってくれるようになってきました。もちろん「手乗らず」なのですが、今日はレイについてきてしばらく腕の上で、レイと一緒にパーカをかじってました

この写真では脚が伸びて「いつでも離陸できるぞ!」体制ですが、結構落ち着いてしまってレイレイが他の場所に遊びに行ってしまってもしばらく居残ってました。いつもは管理人のところで遊んでいるのはピーなので、しばらく経ってからピーだと思って顔を見たらハナだったので、えらくびっくりしました(^^ゞ
posted by し〜 at 20:21| Comment(0) | TrackBack(0) | コザクラ雑技団