2009年12月27日

霞川定点観測 091227

今日は出かけるときにポケットにデジカメ突っ込んでいきました

09122701.jpg 09122702.jpg

おー、昨日とほぼ同じアングルなのにまともに見えますねー。残念ながらオートフォーカスを切れないんで、若干奥にピントがいっちゃってます

09122705.jpg
護岸工事をしてある上から撮っているので、いつも同じようなアングルですが…

09122706.jpg 09122707.jpg
これだけクチバシが長いと羽繕いも大変そうです。ていうか、届かないところのほうが多いんじゃないだろか?

こんな感じでフェンス(向こう岸と同じフェンスがこちら岸にもあります)にもたれかかってファインダーを覗いていると、何やら後ろで気配が…

振り返ったらムクドリの集団がよそ様の庭をほじくり返しています。でも、カメラを向けたら一斉に飛び立ってしまいました(涙

09122703.jpg
そんなわけでムクドリのお尻(^^;;;;

で、上を見上げていたら、まだ下で気配がすると思ったら、

09122704.jpg
ツグミが居残ってました

なんかいつもトコトコ歩いてるイメージのトリさんです。びっくりして逃げるときも低空飛行だし、ヘタすると植え込みに引っかかって自分で驚いて騒いでたりするし、本当にシベリアから飛んでこれたのかいつも疑問に思ってます

近所の飼い猫が散歩に来てカワセミが上流側に飛んで行ってしまったので、ちょっと場所を変えてみます

09122708.jpg
こちらではハクセキレイが水浴び中♪

09122709.jpg
のんびり羽繕いしていたら…、

09122710.jpg
ワルキューレの騎行をBGMにウィラード大尉率いるカルガモ揚陸部隊が接近(正確にはワルキューレが使われたのはキルゴア中佐のヘリ部隊のシーン)

09122711.jpg
一瞬で橋頭堡を制圧されたハクセキレイの呆然とした姿勢が笑えます

posted by し〜 at 15:30| Comment(4) | TrackBack(0) | 野鳥

2009年12月26日

霞川定点観測 091226

今日はケータイのカメラで撮ってみました

09122601.jpg 09122602.jpg

全然ダメぢゃん… orz

09122603.jpg
こちらは常駐のカルガモさんたち

これくらい退けば、まだ見られんだけどねぇ

デジタルズームは使わずに、光学ズームで目一杯(といっても3倍)引っ張るとダメダメですね。折角の500万画素も宝の持ち腐れですわん

ま、使い方が間違ってるっちゃそれまでなんだけど…(^^ゞ
posted by し〜 at 16:00| Comment(0) | TrackBack(0) | 野鳥

2009年12月24日

サンタさんからヒスイのプレゼント?

我が家の前には小川が流れています。小川といっても護岸工事が施されていて、どう見ても自然の川とは程遠いのですが、先日はコサギのペアが立ち寄ったりもしています

日が落ちるちょっと前に川沿いを自転車で走っていたら、川面のほうで「チィーーーー、チチッ」と並行して、聞き覚えのある声が…

自転車を停めて覗き込んでみたらカワセミさん。しかも二羽!

繁殖期でもないのに雌雄のペアです。男の子は魚をくわえて女の子を待っている風情。いつもは一羽ずつ(この時期はこれが普通)しか見られないんで、あわてて家に戻ってデジカメを持ち出しました

09122401.jpg
残念ながら小川に戻った瞬間に女の子が上流方面に飛んで行ってしまったので、男の子の写真しか撮れませんでした

写りは今ひとつですがもう薄暗くなっていて、旧型デジカメではこれが精一杯でした(ていうか400mm相当レンズで手持ち1/15スローシャッターでブレない手ブレ補正に驚き)

参考までに撮影データ
Panasonic DMC-FZ1改FZ2相当
ISO200 1/15 - F2.8 55.2mm(35mm換算420mm) 露出補正なし

09122402.jpg
こちらは先住のカルガモさん。小川の様子がお判りいただけるかと…

独りでイブを過ごす管理人ですが、ちょっと暖かな気持ちになれましたわ♪
posted by し〜 at 17:12| Comment(2) | TrackBack(0) | 野鳥

2009年08月06日

ケータイでカワセミを撮ってみた

出勤途中で、いつものカワセミポイントにいたカワセミです

09080601.jpg
ケータイの光学3倍ズームで目一杯引っ張ってみました

09080602.jpg
原寸大にトリミングするとこんな感じ

かろうじてクチバシまで見えています

レンズ表面にプロテクター代わりに薄い透明フィルムを貼り付けてあるので、もしかしたら微妙に解像度が落ちているかもしれません

09080603.jpg
デジタルズーム併用で原寸大トリミング

こちらはお話になりませんね。光学ズームのあるケータイにしてよかった〜〜〜

ちなみに撮影は、Sony EricssonのCyber-shotケータイW61Sという一世代前のヤツです
posted by し〜 at 17:30| Comment(2) | TrackBack(0) | 野鳥

2009年08月01日

深夜のツバメウォッチング

環状七号線(通称環七:東京の市街地を廻る主要都道)は、交通量が多くて深夜でも渋滞することがあるような道です

マンションの駐車場の入り口に、なんとなく何かがいるような気がして、ふと見上げたら…

09080101.jpg 09080102.jpg
点いていない照明の上に二羽のトリさんが…
(右写真は同道のGさんDoCoMoF09-Aで撮影)

姿形はツバメなんだけど雨覆の白に騙されて、しばらく何のトリさんか悩んでしまいました

雰囲気的にヒナが育って巣が手狭になった両親なのではないかと、周りを見回してみると…、

09080103.jpg
照明(一枚目写真右のほう)の上に巣がありました♪

そろそろ夜が明けつつある早朝なので、ヒナたちも起きだしてきています

この後、採餌に両親が飛び出していって、ヒナたち(といっても巣立ち直前)に餌を運んでいました

<おまけ>
09080104.jpg
こちらは09/08/06早朝に撮った自宅付近のツバメさん

もう巣立ちが終わって、若鳥がパパママや仲間と一緒になって飛び回っています

一昔前は電線に鈴なりになるほどツバメが来ていたのですが、気がついたら随分と数が減っているんですよね。昔の三分の一以下なんじゃないかなぁ…。スズメの数も激減しているようですし、どこかでヒトの生き方を変えなければ共倒れしちゃうんじゃないでしょうかね?
posted by し〜 at 04:00| Comment(0) | TrackBack(0) | 野鳥

2009年05月29日

小さな客人

我が家の庭もどきにスズメが沢山集まっている声がして、そっと覗いてみたところ、アザミの花が枯れた先っぽにスズメが群がっていました

はて? 花蜜はもうないだろうし、種は熟してないだろうし、としばらく眺めていたら、一羽がこちらに気がついて「チュキッ!」と一鳴き、みんな揃って飛んで行ってしまいました

と思ったら…、

09052901.jpg

チビすけが一羽、まだ残っていました

しばらく群の仲間が呼んでいたのですが、食餌のほうに気をとられているようで気にせずアザミの先をつついています

よっぽどお腹が空いているのか、美味しいのか、はたまた危機感のない子なのか…。耳が聞こえないんだったら致命的なんですが…

口の周りを見る感じだと、どうもアザミについたアリマキを食べているようです

09052902.jpg

その後も15分くらい、あっちからこっちからと一羽だけでアリマキを突付いていました

うっかり音を立てたとき飛んで行ってしまったので、耳は聞こえているようで一安心

パパママ兄弟の群れとうまく合流できたかなぁ
posted by し〜 at 17:30| Comment(2) | TrackBack(0) | 野鳥

2009年05月25日

プチ鳥見 090525

仕事の往き帰りに小川があって、通勤途中にちょっとした鳥見ができたりします。小川といっても護岸工事がされていて、自然の流れではないのですが、ちょっと前に記事にしたようにカワセミなんかもやってきます

本日のお客さんはこちら

09052501.jpg
カワウさん、いつもこうやって羽根を乾かしています

でも、尾羽は水に浸かってるんですけど…

カモたちと違って、ペンギンのように水の中を泳いで採餌しているので、いきなり水面から出てくるとびっくりすることがあります

カワセミが川沿いに飛んでいたので着地ポイントを見極めようとしていたら、足元に寄ってきたのがこの子

09052502.jpg
「おっちゃんは何もくれんのか?」って感じでしばらく近くをウロウロしてました

こんな東京の片田舎でも、ドバトの濃色化が進んでいて濃いグレーの子が多いのですが、きれいな二引(ニビキ)です。足環はありませんのでレースからリタイアした子ではないようです

09052605.jpg
こちらはカルガモのペア

手前のペットボトルが悲しいですね…(><)

実はこの写真の中にもう一羽のトリさんが隠れています

09052607.jpg
右側のカルガモの後ろにハクセキレイが覗いています

09052606.jpg
ハクセキレイをもう一枚

ケータイのカメラでは、これが限界です…

うちの事務所は一階が駐車場になっているんですが、ついにこんなものが…

09052602.jpg
先週あたりに物件探しをしに来ていたペアがいたんで、「ここにヒトがいるよ〜」と下でアピールしてみたのが効いたのでしょうか♪
(ツバメはヒトの出入りが多いところに好んで巣をかけます)

ただ、この場所って梁が低いんですよね…

0905263.jpg
管理人が背伸びしないで手が届いちゃう高さなんです…

まぁ、落ち雛を戻すのは簡単そうですが、落ち着かないんじゃないかなぁ、ちょっと心配

(ここまでは親ツバメのいない隙を見計らって撮影)

09052601.jpg
こちらは新入居の若夫婦。産卵はまだのようです

09052603.jpg
事務所の入り口にはこんな張り紙も

同じ市内にある道の駅なんかは、巣をかけないよう対策されてたりしますし、去年だったかどこぞのホテルがヒナごと巣を撤去してニュースになったりしたのに比べて、この対応は嬉しいですね。まぁ、ツバメが巣をかけると商売が繁盛するってジンクスにかけているのかもしれませんが…

そんなこんなで、普段より一時間ほど早く家を出てプチ鳥見を楽しんでいる今日この頃です

木立の中で特徴ある鳴き声はしきりに聞こえているものの、飛び去る後姿しか見せてくれないメジロが撮りたいもんで、ここしばらくは早めの出勤をしそうな管理人です(^^ゞ

■おまけ

09052809.jpg
この川沿いの歩道脇にはカラスムギが延々と数百m自生しています

このカラスムギを食べにスズメやシジュウカラなんかが集まってきますし、ハトやカラス(このあたりはハシボソが多い)もやってきます

ここは農薬も除草剤も撒かれていないので毒性物質の残留は少ないと思われます。難点は散歩中のワンこたちの糞尿でしょうか(苦笑

飼育されているトリさんの大好物エンバクは、このカラスムギを栽培化したものと言われています。エンバクをカラスムギと呼ぶこともありますが、同属ではあるものの全くの別種なので注意が必要です

別種とは言っても、トリさんたちのご馳走であることには変わりありません。我が家でも数年前に種子を持ち帰って庭に蒔いたものがちょっとだけ自生していて、穂のまま刈ってオヤツにしたりします。熟しきる前に野鳥たちにとられてしまうことも多いのですが、まぁ、元々が自然のものだし、にわかバードレストランとして集まってくるトリさんたちを眺めるのも楽しいものです
posted by し〜 at 23:00| Comment(0) | TrackBack(0) | 野鳥

2009年04月24日

カワセミ

一か月ほど前から、バイト先の横を流れる川にカワセミが出没しています。たまたま夜勤明けに見かけたもんで、ダメモトでケータイカメラを向けてみたのですが…

09042401.jpg
あはははははは、3倍ズームじゃ全然判りません!
この中のどこかにいるはずなのですがねぇ…

09042402.jpg

少しでも動くと警戒して離れて行ってしまうので、ダイビングを観察しながらじっと待っていたら川のこちら側にやってきました

09042403.jpg
今度は護岸の上なので、ちゃんと判ります♪

09042404.jpg
ここにいます〜

もう少し近くに来たのでもう一枚
09042405.jpg

09042406.jpg
デジタルズームは使い物にならないので光学ズームだけで引っ張ったのですが、このあたりが限界のようです

さすがにデジスコのセットを持って通勤するわけにもいかんですからねぇ(笑

というわけで、PENTAXのX70が三万円を割ったら買おうと思っている今日この頃…(一眼ははまりまくるのが目に見えてるんで敢えて見ないようにしてます)

■おまけ■

メシでも食って帰ろうと乗換のターミナル駅で降りてフラフラしてたら猫カフェ発見! えぇ、もちろん行ってきましたとも♪

09042407.jpg
写真はさくらちゃん@ロシアンブルー
営業忘れて熟睡していました(笑

こんな近くに猫カフェあると通ってしまいそうで怖いんですが〜
八王子の猫カフェ にゃんとも
posted by し〜 at 14:00| Comment(2) | TrackBack(0) | 野鳥

2006年12月09日

朝、歌舞伎町にカラス鳴く

今日は三時起きで、早朝から新宿歌舞伎町へ
目的は明け方のカラスの生態観察♪

じゃなくって、お仕事でした(><)

花金開けの土曜の朝なので、人が多いこと多いこと。これだけの人は、ウチの地元じゃ年に一回例大祭のときくらいしか見ないぞ! でも、それも始発電車が動き出す頃には随分少なくなってきます。人出と入れ替わりに閉店した焼肉屋さんの前に出されたゴミを狙ってカラスが集団でやってきました

06120902.jpg
ゴミ袋をつついて上手に肉だけつつき出しています

06120901.jpg
見上げるとカラスがいっぱい集まっています。写真には写っていませんが、この数倍の数がいます

一番右のスポットライトの上にいる子は、なぜか「ペポン、ペポン」と不思議な鳴きかたをします。普通に「グワァ」とも鳴くのですが、どこで何の音を覚えたんでしょうね? この子は近づいても他の子ほど逃げなくて、管理人が「チッチッチ」と舌打ちをするとこっちを見たまま首をかしげて何かを理解しようとしています。もしかしたら一時的に保護されていたことがあるのかもしれません

管理人の自宅近くには「オアヨー、オアヨー」と鳴くカラスがいます(おはよう?)が、その子も保護されていたんじゃないかと推測しています

06120903.jpg
ケータイなので解像度が悪いのですが、小雨に打たれて雨覆や尾羽が、緑とも紫とも瑠璃色ともいえないとってもきれいな色合いです。美しい黒髪の例えに「烏の濡れ羽色」という言葉がありますが、少しイメージが違いますね

ちなみに、横に落ちているレバーはどうやら好みではないようで、最後まで残っていました

やっぱりカラスかわいいなー。飼いたいなー

で、ウチは新宿まで何しに来たんだっけ?
posted by し〜 at 08:30| Comment(2) | TrackBack(0) | 野鳥

2006年11月13日

やっとナゾ解明 (西五反田のドバトたち)

06111301.jpg
このところ都内で仕事をする機会が多いのだけど、大崎広小路の交差点(ゆうぽーと前)で早朝にハトさんが群がって歩道で何かを食べているのをよく見かけます。何も落ちてないように見えたのでずっとナゾだったんですが、今朝やっと解りました

06111302.jpg
驚かさないようにそっと近づいて見ると…、どうやら誰かが毎朝トウモロコシをまいていたようです。しばらく観察していたのですが、食べ終わると求愛モードにスイッチする男の子が何羽かいて、クビを膨らませてクルッポーと女の子を追っかけまわしてました

以前は明るくなるとカラスが降りてきてドバトを蹴散らして横取りをしていたのですが、夜明けが遅くなってまだ暗いせいか、この頃はドバトたちが最後まで食べつくしているようです

野生のハトに餌をやることはあまりお勧めできないのですが、仕事開けの都会の真ん中でプチバードウォッチングを味あわせてもらえたことには感謝です。ちなみに風切羽の一枚目から何枚かだけパイドの子がいて、目立つため見つけやすいこともあって管理人のお気に入りです♪
posted by し〜 at 15:22| Comment(2) | TrackBack(0) | 野鳥